京都亀岡ハーフマラソン大会のマラソンコースは、第1回大会から日本陸上競技連盟公認の
コースですが、5年に一度、計測することが義務付けられています。
そして、この第5回大会を迎える今年がその継続検定の年で、8月11日(日)の早朝に行われました。
コース計測の資格を持った自転車計測員が3台の距離計付き自転車で計測します。(誤差は競技距離の1000分の1以下だそうです・・・)
他にも公認を得るには、クリアしなければならない規定があるのです(@_@;)

節目となる第5回大会が、より一層、喜んでいただける大会になるよう、
準備を進めてまいります。
皆さまのご参加をお待ちしております!!